CASE1 37歳女性 158cm 54kg

施術前の写真

施術前の写真

患者様のお悩み

2人のお子さんの出産授乳で、バストがしぼみ、下を向いてしまったこと。
同時に下半身の太さも気になっており、バストの張りを取り戻すために脂肪注入での方法を検討されました。極端にバストを大きくしたいわけではなく、下を向いてしまったバストを少しでも上向きにしたいとのご希望です。

患者様の心配なこと

  • 今後もう一人出産を考えているので、今回手術をしても将来的に元に戻ってしまうのではないか?
  • 授乳時にバストトップも肥大してしまい、豊胸と同時に乳頭を小さくしたいが今後もう一人出産を考えているので、将来授乳をする際に差し支えないか?

施術前~4ヵ月後

カウンセリング&診察

授乳によりバストが一時的にサイズアップしたことで皮膚に余裕があり、脂肪注入に有利な皮膚状態でした。

根本的にバストの位置を上げるには、乳房吊り上げの手術が適応になりますが傷跡やダウンタイムの問題からベイザー4D豊胸で出来る範囲で希望されました。

カウンセリング&診察

下半身は一度脂肪吸引の経験があり、今回は以前の手術で取りきれなかった太もも後面からの脂肪採取で十分足りる範囲です。

乳頭の縮小手術は乳管(母乳の通り道)を温存する方法ですが、次のお子様の授乳後に再度肥大する可能性もあることから今回は見送ることとなりました。

手術では両側およそ300ccずつの脂肪を注入しました。左右差をみて右側に多少多く注入しました。
トータルの手術時間は約2時間。
術後回復室で1時間ほど休んでご帰宅。当日お子様の保育園のお迎えも通常通りに行かれました。

通院回数&計5回(3ヶ月)

術前カウンセリング

手術当日よりお子様を保育園へお迎えに行かれ、日常生活への支障は特になかったそうです。以前太もも前面の脂肪吸引をした際よりも太もも後面の方が術後の生活が楽だったとのこと。胸は筋肉痛のような痛みがあったが特に気にならないとのことでした。

検診

1ヶ月目の検診

術後2週間目頃よりバストアンダーの脂肪注入口につっぱり感があり、特に左が強い。
ワイヤー入りのブラジャーは未だしていませんとのことでした。
診察の結果、通常の硬縮の範囲で、一番つっぱっていた時よりもかなり改善してきたとのことです。

痛みの様子をみながら、締め付けの強くないブラジャーで様子をみて頂くこととなりました。

バストのボリュームが出たことによって下垂が気にならなくなり、お洋服を着た際のデコルテラインにも自信が持てるようになりました。

3ヶ月目の検診

特に気になることなく、バストも維持出来ている状態でした。

バスト経過写真

その後、ベイザー脂肪吸引の効果も実感されたことにより二の腕やふくらはぎの痩身も希望され脂肪を有効活用し2回目のバストアップも施術されました。

バスト経過前方

バスト経過横方

脚部経過写真

脚部経過写真

症例写真

  • 症例写真一覧
  • CASE3
  • CASE2
  • CASE1

モニター募集

  • ベイザー4D豊胸
  • 他院シリコンバッグ取り出し
  • 乳頭縮小手術

国内唯一 ベイザー4D認定医

  • 無料メール相談
  • カウンセリング予約

東京都渋谷区広尾5-16-2 KITAMURA65KAN 3階
[診療時間]10:00-19:00(年中無休・完全予約)
[アクセス]東京メトロ日比谷線「広尾」駅 2番出口より徒歩1分

詳細はこちら

▲ページトップへ